adachi.jpg足立 さつき(ソプラノ) Satsuki Adachi
武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。二期会会員。1986年第3回ニッカ椿姫新人賞第1位を受賞。1987年「椿姫」のヴィオレッタ役でオペラ・デビュー。以後、「こうもり」のアデーレ、「フィガロの結婚」のスザンナ、「リゴレット」のジルダなど様々なオペラに出演し、清冽な声と華のある舞台姿でいずれも好評を博している。・・・・・続きプロフィール全文

2012年05月16日

足立さつき インタビュー(リサイタル2012年5月26日)

5月26日(土)東京文化会館(小)にてソプラノ・リサイタルを行います。
<曲目>
フォーレ:愛の歌/ネル/夢のあとに/私たちの愛/歌う妖精
ビゼー:てんとう虫
メサジェ:恋は野の鳥「情熱的に」より/恵みの太陽のもとで「お菊夫人」より/恋人が二人「仮面の恋人」より
矢代秋雄:野の花の姿
越谷達之助:初恋
別宮貞雄:さくら横ちょう
團伊玖磨:紫陽花
山田耕筰:芥子粒夫人 全4章
 T きれいな、きれいな、ちび鼠
 U 王様、お馬で通られる
 V 今は御殿で女王様
 W とても不思議な緑の芽

リサイタルへ向けてその熱い思いをお聞きました。
adachi006.jpg

今回のプログラミングついてお聞かせてください。
足立:前半は、デビュー直後から取り組み、最近も力を入れているフランスものをお贈りします。フランスの作曲家の中でも日本人に馴染みのあるフォーレの曲を5曲。そのフォーレと同時代の作曲家であるメサジェの曲を3曲そしてビゼーの作品を取り上げます。全体的に明るく楽しいコミカルな曲ばかりです。

メサジェはあまり知られてない作曲家ですね?
足立:そうですね。あまり知名度が高いとは言えませんが、オペレッタの分野で活躍した作曲家です。わかり易くシンプルなメロディでしかも軽やかな曲調が特徴です。それ以上軽くなったらオペラじゃなくてシャンソンになる1歩手前みたいな感じです。そういう意味では耳に馴染み易い作品と言えるかもしれません。
今回歌う3曲のうち2曲(“恋は野の鳥”、“恋人が二人”)はそういう軽やかな作品、もう1曲の“恵の太陽のもとで”はメサジェがフォーレとともに学んだ教会音楽の影響を受けた重厚な趣きのある曲です。

これらの曲を選んだ特別な理由が何かありますか?
足立:私の性格として、本当は真面目なのだけれど、ただ真面目だと受け取られたくないという思いがあって、最後に「なんちゃって」って付くような、気が楽になるような歌が歌えたらいいなあという気持ちを伝えられる曲を選んでみました。そういう軽やかさを常に持っていられるような女性でありたいという願いもこめて歌いたいと思ってます。

では、前半は肩の力を抜いてという感じですね?
足立:
それが今回は全編そういう感じです!(笑)今回のメインの「芥子粒夫人」もまさに「なんちゃって」の世界です。これは、インドの童話をもとにしたお話で、ちびねずみが魔法使いに頼んで犬や他の動物、最後はお姫様に姿を変えてもらい王様にめぐり合うのですが、そこへ両親=ねずみが尋ねてきたのに驚いて池に落ちて死んでしまう。その後に咲いたのが芥子の花、というなんとも荒唐無稽なお話です。それを、山田耕筰・北原白秋のコンビが全4章30分に亘るモノ・オペラのような作品に仕立てたものです。前回のリサイタルで1章と4章だけを演奏したのですが、全4章を通して聴いてみたいという声をいただき全章を歌うことにしました。
adachi001.jpg

この作品の特色を一言でお願いします。
足立:
山田耕筰が様々な音楽的な要素を詰め込んだ中身の濃い作品に仕上がっていると同時に、あっけらかんとした理屈抜きの楽しさも持ち合わせた作品です。一方、いろんな役、全部で5役を演じるのですが、譜面に沿って歌っていくと自然に演じ分けられるようになっているんです。これは、聴いてくださるお客様にとっても素直に楽しめると思うし、歌っていてもとても楽しい作品だと思います。

それはお客様が聴いていて「あ、今これは犬の役だ、とか魔法使いだ」などわかるのでしょうか??
足立:
そう。歌だけでなく演技も入っているし、動物の鳴き声にメロディを付けてお話を綴っていくので自然にわかるようになっているんです。

変身願望とかあったりして?
足立:そう!舞台は常に「変身」ですから!


足立さつき ソプラノ・リサイタル
5月26日(土)東京文化会館 小ホール
ソプラノ・リサイタルの詳細はこちらから
posted by JapanArts at 11:12| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

2009年12月6日のリサイタルへ向けて

足立さつき2009.jpg今回のリサイタルは日本とフランスのコラボレーションのプログラムを組みました。
前半は山田耕筰:「この道」はじめ歌い続けてきた日本の歌曲と恩師である作曲家:中西覚による委嘱作品。後半はドビュッシーほかフランスの歌曲、メサジェのオペレッタをご披露します。
是非、お聴き逃しのないように。

また、「クラシックニュース」にて曲目の魅力など紹介されました。 
http://classicnews.jp/c-news/index.html#9
↓動画インタビューもご覧いただけます。
http://classicnews.jp/interview/index.html#665

≪足立さつき ソプラノリサイタル≫
2009年12月6日(日)14時開演 紀尾井ホール

曲目:
越谷達之助:初恋
近衛秀麿:ちんちん千鳥
山田耕筰:この道/城ヶ島の雨
山田耕筰:芥子粒夫人(ポストマニ)T、W
中西覚:風のうた(委嘱作品)
ドビュッシー:星の夜/月あかり/私の心に涙ふる/マンドリン
ビゼー:てんとう虫
メサジェ:オペレッタ「ムッシュー・ボーケール」より
      “私がつれないとおっしゃるの?”
      “ナイチンゲール”
      “全ての愛は あなたのもの!”

詳しい情報はこちらから

posted by JapanArts at 13:58| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

せんくら2009 出演

仙台クラシックフェスティバル(せんくら)2009 に出演!

足立さつき出演詳細はこちら!

10/2(金) 18:55〜19:40
イズミティ21/H.小ホール

10/3(土) 13:05〜13:50
仙台市青年文化センター/C.シアターホール

10/4(日) 16:20〜17:20
仙台市青年文化センター/A.コンサートホール

10/4(日) 13:15〜14:00
太白区文化センター/F.楽楽楽ホール

<せんくらインフォメーション>
022-217-2505 (平日 9:30〜17:30) 
http://www.sencla.com/
posted by JapanArts at 11:57| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

『ザ・スーパー・トリオ』CD

『ザ・スーパー・トリオ』2008年11月19日 CD発売!  

クラシック界の人気者、ソプラノ足立さつき、クラリネット赤坂達三、ピアノ斎藤雅広が結成した
ザ・スーパー・トリオ。

おしゃべりを交えたコンサートは各地で大好評を頂いておりますが、この度、コロムビアミュージックより待望のCDをリリースしました。 肩の凝らない選曲で素敵なCDに仕上がりました。
 torio_new.jpg
『ザ・スーパー・トリオ』 COCQ-84534 \2,625(税込み)
曲目:
カルメン・メドレー
ポーギーとベス・メドレー ワルツ・ファンタジー(ラ・ラ・ルー/いつか王子様が/いつか夢で)
ラテン・メドレー(アマ・ポーラ/シェリト・リンド/グラナダ)
星のメドレー(きらきら星/星に願いを/エストレリータ)
ホフマンの舟歌
ウィーン、我が夢の街 ジュディー・ガーランド・メドレー
クリスマス・メドレー
コロムビアミュージックエンタテインメント
posted by JapanArts at 15:23| ディスコグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足立さつきのプロジェクト

足立さつき&赤坂達三&斎藤雅広 「ザ・スーパー・トリオ」
究極のクラシック・エンターテインメント
足立さつき(ソプラノ) 赤坂達三(クラリネット) 斎藤雅広(ピアノ)
torioblog.JPG
それぞれの分野で大活躍中の3人のアーティストが揃い、
世界の名曲を中心に、超絶技巧あり、楽しいジョークあり
心に響く美しいメロディをお届けします。

プログラム案 (*クリスマスやバレンタイン用にもアレンジ可能です)

■素敵なガーシュイン・メドレー
≪アイ・ガット・リズム≫≪サマータイム≫
■映画の中のクラシック
≪ショパン:ノクターン(愛情物語)≫
≪モーツァルト:アレルヤ(オーケストラの少女)≫
■白雪姫、ピノキオ等のディズニミュージックより
■モノ・オペラ
≪ビゼー:カルメン ハイライト版≫≪創作ミニ・オペラ:かぐや姫≫など
posted by JapanArts at 15:18| コンサート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンサート企画「リサイタル」

〜足立さつき プラノ・リサイタル〜
 
曲目案@
華やかなオペラ・オペレッタの世界。軽快な音楽にのった素敵なアリアをお届けする!
・オペラ「ドン・ジョヴァンニ」より‘薬屋の歌’(モーツァルト)
・オペレッタ「こうもり」より‘侯爵様、あなたのようなお方は’(J.シュトラウス)
・オペラ「ラ・ボエーム」より‘ムゼッタのワルツ’(プッチーニ)
・ペレッタ「世界は美しい」より‘私は恋に落ちたの’(レハール) ほか

曲目案A
日本のうた、世界のうた…誰もが知っている名曲の数々!
・この道、鐘がなります (山田耕筰)・初恋(越谷達之助)
・すみれ(スカルラッティ)、歌の翼に(メンデルスゾーン)
・ウィーンわが夢の街(ズィーツィンスキー)・わが母の教え給いし歌(ドヴォルザーク) ほか

曲目案B
悲劇のヒロインとオペラの名曲の数々!
・オペラ「ラ・ボエーム」より‘ミミの別れ’(プッチーニ)
・オペラ「ジャンニ・スキッキ」より‘私のおとうさん’(プッチーニ)
・オペラ「夕鶴」より‘私の大事な与ひょう’(團 伊玖磨) ほか

※ 足立さつきのリサイタルの聴きどころ
  清らかな歌声と華やかな舞台姿。楽しいトークを交えてオペレッタ、
  オペラ・アリア、日本歌曲の名曲を。

〜足立さつき&新ヴィヴァルディ合奏団〜 
  弦楽オーケストラをバックにクラシックからポピュラーまで楽しめる贅沢なひととき。
posted by JapanArts at 15:05| コンサート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足立さつき CD

下記のCDはオクタビアレコードより再リリースされました。
商品のご購入については オクタビアレコード 03−5561-8988へお問合せください!

◆足立さつき「私のふるさと〜mia casa〜」  (ピアノ:斎藤雅広)
OVSL-00010(定価3,000円)  

667.jpg
<収録曲>
山田耕作:この道、赤とんぼ 
越谷達之助:初恋    
大中寅二:椰子の実  
成田為三:浜辺の歌  
岡野貞一:ふるさと    他        


◆足立さつき フォーレ、ドビュッシー歌曲集 (ピアノ:斎藤雅広)
OVSL-00009(定価3,000円 )

4104110152.jpg
<収録曲>
フォーレ:
あさやけ/河のほとりで/わたくしたちの愛/ネル/夢のあとに/  
イスパーンの薔薇/秘密/ マンドリン/月のひかり/
投げ捨てられた花/愛のうた/祈りをこめて/ 夜曲/贈り物/
歌を教える妖精     

ドビュッシー:
麦の花/マンドリン/月あかり/ロマンス/鐘/星の夜/黙劇/   
出現/春が来た/未練/緑 / 都に雨の降るごとく
posted by JapanArts at 14:47| ディスコグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

プロフィールをもっと知りたい。

出身:兵庫県
posted by JapanArts at 14:28| もっと知りたい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール

adachi.jpg足立 さつき(ソプラノ) Satsuki Adachi
武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。二期会会員。1986年第3回ニッカ椿姫新人賞第1位を受賞。1987年「椿姫」のヴィオレッタ役でオペラ・デビュー。以後、「こうもり」のアデーレ、「フィガロの結婚」のスザンナ、「リゴレット」のジルダなど様々なオペラに出演し、清冽な声と華のある舞台姿でいずれも好評を博している。
1991年より文化庁派遣研修員として、ミラノへ2年間国費留学を行ない、ミラノ音楽院にてカルラ・ヴァンニーニ、アルベルト・ソレジーナの各氏に師事。この期間に「ボルツァーノ音楽祭」でフォーレ「レクイエム」、カール・オルフ「カルミナ・ブラーナ」に出演。1994年と2004年にはウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラとの全国公演にソリストとして参加し、絶賛を浴びる。1996年12月31日−翌1997年1月1日の両日、ザルツブルグ・モーツァルテウム大ホールにて行なわれた、ウィーン・オペレッタ・オーケストラのジルベスター及びニュー・イヤーコンサートに出演する。1998年9月「夕鶴」モスクワ公演で、"つう"役に抜擢され、故・團伊玖磨氏から大絶賛された。
2006年には錦織健プロデュース・オペラ「ドン・ジョヴァンニ」ツェルリーナ役で出演、同年12月には、デビュー20周年を記念して、紀尾井ホールにてリサイタルを行い、大成功をおさめた。
2007年8月、ニュージーランドにて行われた「ミュージック・フェア・オブ・ジャパン2007」5公演に参加。
最近ではクラリネットの赤坂達三、ピアノの斎藤雅広と「ザ・スーパー・トリオ」を組み、クラシックからポピュラーまで、楽しいトークを交えたコンサートを全国展開中。2008年11月には待望のCDがリリースされた。
リサイタルや主要オーケストラとの共演、オペラへの出演のみならず、テレビ出演等ジャンルにとらわれず幅広く活躍中。
CDは「足立さつき フォーレ、ドビュッシー歌曲集」(OVSL-00009)と、日本の歌を集めたCD「私のふるさと〜mia casa」(OVSL-00010)、「ザ・スーパー・トリオ」(COCQ-84534)がリリースされている。
1992年村松賞受賞。平成16年度兵庫県芸術奨励賞受賞。
posted by JapanArts at 14:22| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。